お葬式のいろいろ

何度も悲しい

何度行ってもなれない儀式・・・「お葬式」です。どんな人であれ、もう逢えないと考えるととても悲しいです。それは、言葉で表現することが出来ないほどです。
わたしは、お葬式に参列したのは、祖父と友人の人生で2回です。とても悲しくて、あのお葬式の雰囲気は独特ですよね。でも泣いて見送ったら悲しいから、「泣かない!」と決め手涙をこらえていた覚えがあります。

実は、わたし冠婚葬祭の営業をしていたことがあるんです。その中でお葬式会場に行くことがあったんです。実際参列させて頂くことも何度か・・・。また、最初の研修時には、会場の巨大スクリーンで、映画の「おくりびと」を観ました。(内容は、納棺師の日々)こんなことを言うのも何ですが、「まさに迫力満点だなあ」と感じました。(笑)

このような、お仕事をさせていただき、お葬式だけに限らず冠婚葬祭のマナーも気をつけたいとおもうようになりました。今後も、このような機会は必ずありますし、その回数は一度や二度では無いですよね。年齢を重ね、何のマナーも知らないってやっぱり恥ずかしいですよね。

ここでは、マナーの勉強をしていきたいと思います。それでは早速、次のページからお勉強しましょう!

唐突に家族の葬儀 東京が必要になると、やっぱり焦ってしまいますよね。いざという時にどこに頼んでどんな手続をするべきか?改めて事前に把握しておきたいところです。
生前に葬式で行なってほしいことや、しなくてよいことを決めておいて残された家族に伝えておく人が増えています。高齢化社会を迎えて、さいたま市 葬儀に関する関心が高まっていますね



お葬式のいろいろ

What's New

2013/02/05
新着記事3を更新。
2012/11/08
新着記事2を更新。
2012/10/10
新着記事を更新。
2012/06/19
ペットを更新。
2012/06/19
なぜ?を更新。
2012/06/19
心遣いを更新。
2012/06/19
マナーを更新。
2012/06/19
お葬式のいろいろを更新。
2012/06/19
ホームページリニューアル
お葬式のいろいろ

Recommend Entry

あくまでも見積もり

見積もりって便利な言葉です、そこから多少増えても何も文句は言えないのだから。そこにつけ込む悪徳な業者もいるのが現実ですので、葬儀屋は明朗会計な所を選びましょう。

ハウアバウト

餅は餅屋とも言いますし、お葬式のことは、やはり専門の業者・葬儀屋に聞くのが一番かもしれません。ショックは大きいかも知れませんが、故人のためを思って相談してみましょう。
知っておきたい

結構冠婚葬祭のマナーって知らない人が多いんですよね。でも、誰も教えてくれない。そんなの損ですよね。知っておかなくては「うわ!あの人・・」ってなるのです。特にお葬式に関してはそうですね。みなさんも勉強しましょう。

お葬式のいろいろ